RSA BSAFE Crypto-CがIBM OS/390アプリケーションをサポート(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

RSA BSAFE Crypto-CがIBM OS/390アプリケーションをサポート(米RSA Security)

 米RSA Securityは、11月13日、RSA BSAFE Crypto-CがIBM OS/390version2.8で稼働するアプリケーションのサポートを本年中に開始すると発表した。これによりOS/390のメインフレーム環境でデスクトップ市場やサーバ市場と同じ情報セキュリティ技術を実装することが可能と

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは、11月13日、RSA BSAFE Crypto-CがIBM OS/390version2.8で稼働するアプリケーションのサポートを本年中に開始すると発表した。これによりOS/390のメインフレーム環境でデスクトップ市場やサーバ市場と同じ情報セキュリティ技術を実装することが可能となる。
 RSA BSAFEシリーズの暗号技術は、現在、Webブラウザやワイヤレス機器、コマース・サーバ、電子メール・システム、VPNなど著名なインターネット・アプリケーションに組み込まれ、強力な暗号化と認証の機能を発揮している。今回の製品は開発者のためのツールキットで、IBMメインフレームの顧客はRSA BSAFE暗号化ツールキットを用いて、重要情報を社内あるいはWebにより配信するeビジネス・アプリケーションのセキュリティを強化することができる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200111131.html

   <本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×