Palm OS次期バージョンでRSA BSAFEの暗号化技術を搭載(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

Palm OS次期バージョンでRSA BSAFEの暗号化技術を搭載(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米RSA Securityは、11月12日、ハンドヘルド・コンピュータ大手のPalm,Inc.と、Palm OS platformやPalm PoweredデバイスにRSA BSAFEを採用するテクノロジー・アライアンスを締結したと発表した。これによりPalm社は、同社のハンドヘルド機器やモバイル機器を利用したトランザクションで、データ完全性とプライバシーを確保することが可能となる。
 今回のアライアンスによって、Palmを搭載した全ての機器でRSA SecurityのRSA SecurIDユーザ認証が利用できるようになる。これにより、RSA SecurIDと機器を別々に持ち歩くことが不要になる上、認証サーバのRSA ACE/Serverを通じて、許可されたユーザだけがネットワーク上のファイルやアプリケーションにアクセス可能となる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200111121.html

   <本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×