サーチエンジン NAVER japan で ウィルスと170件の個人情報流出の2重事故 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

サーチエンジン NAVER japan で ウィルスと170件の個人情報流出の2重事故

製品・サービス・業界動向 業界動向

 サーチエンジン NAVER japan の関係者が、ウィルスに感染し、アドレス帳に登録されていたアドレスにウィルス付メールが送信される事故がおきた。さらに、この事故に気づいた本人が、お詫びのメールを送信する際に、同報アドレスが受信者に見える形で配信したため、取引先など約170件のアドレスと氏名などが流出する2重の事故となった。

 このふたつの事故は、基本的なセキュリティ上の注意を怠っていたために起きている。

・アンチウィルスソフトをきちんと利用していない
・メール送信の際の基本チェックをしていない

 サーチエンジンサービスは、代表的なネットサービスである。十分なセキュリティへの留意が不可欠と考えられる。
 今回の事故は、基本的な社内でのセキュリティ意識の徹底していれば防げた事態であった。今後の善処が望まれる。

NAVER japan (同サイトには特に今回の事件についての記載はない)
http://www.naver.co.jp/


(詳しくはScan Daily EXpress本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×