企業間の電子商取引サイト構築ソフトウェア「ClassCat WebSales」の最新版を12月に発売(クラスキャット ネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

企業間の電子商取引サイト構築ソフトウェア「ClassCat WebSales」の最新版を12月に発売(クラスキャット ネットワークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 クラスキャット ネットワークス株式会社は、企業間の電子商取引サイト構築ソフトウェアの最新版「ClassCat WebSales 1.2 Petit for WebSphere EDIEdition(DB2 version)」を12月下旬より販売する。同ソフトは、特定の企業間での受発注業務をインターネット上で簡単かつ低コストで実現可能なパッケージソフトウェア。最新版では、内部アーキテクチャとしてXMLを採用し、クライアントPC上でXMLデータを処理する事により、サーバへの問合せを最小限に抑え、回線速度の遅い環境でも高速に処理することが可能。また、JavaServerPagesとJava Beans技術を採用し、プレゼンテーションとビジネスロジックを分離する事により、HTMLベースのデザイン変更が可能となっている。
動作環境は、IBM WebSphere Application Server v4.0とIBM DB2ユニバーサル・データベース V7。価格はオープン。

http://www.azi.co.jp/japanese/news/nr_ws_edipt12.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×