ワーム機能をもったトロイの木馬型ウイルスの名称変更(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

ワーム機能をもったトロイの木馬型ウイルスの名称変更(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は、複合型ウイルスの増加傾向に対応して、ワーム機能をもったトロイの木馬型ウイルスの名称変更を行い、ウイルスの対応を表す接頭語を“TROJ”から“WORM”に11月20日より変更した。同社製品では、同日公開予定のパターン169(または969)へ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 トレンドマイクロ株式会社は、複合型ウイルスの増加傾向に対応して、ワーム機能をもったトロイの木馬型ウイルスの名称変更を行い、ウイルスの対応を表す接頭語を“TROJ”から“WORM”に11月20日より変更した。同社製品では、同日公開予定のパターン169(または969)への更新時より、ウイルス検出名称が変更となる。これにより、ウイルス名称を見ただけでワーム機能をもった悪質なプログラムであることが分かり、迅速なワーム対策への着手が可能となる。

http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/worm.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×