不正アクセスの出所を自動的に追跡しマップ化するセキュリティーソフトを共同開発(サイバー・ソリューション、NTTデータ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

不正アクセスの出所を自動的に追跡しマップ化するセキュリティーソフトを共同開発(サイバー・ソリューション、NTTデータ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ソフト開発会社の株式会社サイバー・ソリューションズと株式会社NTTデータは、ネットワークへ侵入したウイルスやハッカーを検出するだけでなく、発信の出所までを自動的に追跡しマップ化するセキュリティーソフト「ネット・スケート」を共同で開発した。同ソフトは、ネットワーク上のトラフィックを監視し、運用状況をグラフィック化するツール。侵入者のIPアドレスなどを探知して、プロバイダ単位で自動追跡する機能があり、出所を素早くつかむことが可能、被害の拡大を防ぐことができる。価格などはまだ未定で、現在、同社サイトにてフリーバージョンを公開中。また、12月からは研究開発に参加している東北大で実証実験を始める予定。

http://www.cysol.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×