Webアプリケーションの不正アクセスを防御する「AppShield3.1」を発売(日立情報システムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

Webアプリケーションの不正アクセスを防御する「AppShield3.1」を発売(日立情報システムズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社日立情報システムズは、ファイアウォールでは防げないWebアプリケーションの不正アクセスを防御する「AppShield(アップシールド)3.1」の出荷を開始した。同製品は、米Sanctum社が開発したもので、これまで防御の手段が無かったWebアプリケーションの不正アクセスに対抗できる唯一のツール。WebサーバとWebブラウザの間の通信データ(HTML、JAVA等)をリアルタイムに監視し、不正リクエストをWebアプリケーションへアクセスする前にブロックすることが可能。新バージョン3.1では日本語サイトもサポートできるようになった。価格はWindows版が225万円〜、Solaris版が250万円〜。なお同社は、Webアプリケーション全体の脆弱性監査ツール「AppScan 2.5」の販売も今年末に開始する予定。

http://www.hitachijoho.com/NR/011030.pdf

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×