携帯可能なカードタイプの指紋照合ユニット「PUPPY」と組み合わせて利用可能なセキュリティソフト2製品を発売(ソニー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

携帯可能なカードタイプの指紋照合ユニット「PUPPY」と組み合わせて利用可能なセキュリティソフト2製品を発売(ソニー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ソニー株式会社は、携帯可能なカードタイプの指紋照合ユニット「PUPPY(パピー)」と組み合わせて利用するセキュリティソフト「Puppy Suite Version2.0」と「Puppy Internet Token」の2製品を発売した。Puppy Suiteは、PUPPYを使った指紋照合による本人認証をベースに、Windowsの起動制限機能やID/パスワードを要求するアプリケーションやWebページへの自動ログイン機能、PC内に保存した書類やデータの暗号化・復号機能といった、さまざまなセキュリティ機能を実現するもの。新バージョンではPKIに対応し、公開鍵を事前に相手に渡すことで、複数のユーザ間での暗号化ファイルのやり取りが可能になった。
 また、Puppy Internet Tokenは、PUPPYをベースに、ブラウザやEメールソフトを介したSSLクライアント認証による安全なWebアクセスや暗号化メールを実現するもの。両製品とも価格はオープン。なお「Puppy Suite」については、登録内容の管理をネットワーク管理者が一括して行えるプロ版もあり、こちらは12月3日に発売する。

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200111/01-054/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×