PHSの位置情報を利用したICカード決済向けワイヤレスセキュリティ技術を開発(オープンループ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

PHSの位置情報を利用したICカード決済向けワイヤレスセキュリティ技術を開発(オープンループ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社オープンループは、位置情報を利用したICカード決済向けワイヤレスセキュリティ技術を開発、札幌総合情報センターのICカード「S.M.A.P.(スマップ)カード」に提供すると発表した。同カードは、札幌市内の地下鉄自動改札機や自動販売機などが利用できる非接触型のICカードで、現在、札幌総合情報センター、総務省および札幌市交通局の協力の下に実験を行っているもの。同社が提供したのは、全地球測位システム(GPS)とPHSを使用して、このカードおよびそれを使用するレジスター(POS)の場所を確認し、特定の「場所」および「時間」のみ使用できるようにする技術で、同社の持つ暗号ライブラリ「CycloCipher(サイクロサイファー)」が組み込まれている。2002年春には、札幌市内の地下鉄沿線の店舗などで、この技術を導入した実験サービスが開始される予定。

http://www.openloop.co.jp/press/release/011016.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×