米サウスダコタの老舗銀行BANKFIRSTがSecurIDとKeon UNIX PlatformSecurityを採用したと発表(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.10.28(木)

米サウスダコタの老舗銀行BANKFIRSTがSecurIDとKeon UNIX PlatformSecurityを採用したと発表(米RSA Security)

 米RSA Security社は、米サウスダコタ州最古参の銀行であるBANKFIRSTが、行内および顧客情報の保護を目的にRSA SecurIDとRSA Keon UNIX Platform Security (UPS)を採用したと発表した。サーバとワークステーションを管理・監査機能をもつKeon UPSで強化し、リモートユー

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Security社は、米サウスダコタ州最古参の銀行であるBANKFIRSTが、行内および顧客情報の保護を目的にRSA SecurIDとRSA Keon UNIX Platform Security (UPS)を採用したと発表した。サーバとワークステーションを管理・監査機能をもつKeon UPSで強化し、リモートユーザーの認証をRSA SecurIDで行うことで2重のセキュリティを確立した。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200110161.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×