2要素ユーザ認証製品「RSA SecurID」の出荷枚数が1,000万枚を突破(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2022.12.03(土)

2要素ユーザ認証製品「RSA SecurID」の出荷枚数が1,000万枚を突破(RSAセキュリティ)

 RSAセキュリティ株式会社は10月24日、同社の主力製品である「RSA SecurID」の総出荷枚数が1,000万枚を突破したことを発表した。  同製品は、2要素ユーザ認証のワンタイム・パスワード製品。固定されているパスワードと比較し、パスワードの盗用、推察による不正アクセ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 RSAセキュリティ株式会社は10月24日、同社の主力製品である「RSA SecurID」の総出荷枚数が1,000万枚を突破したことを発表した。
 同製品は、2要素ユーザ認証のワンタイム・パスワード製品。固定されているパスワードと比較し、パスワードの盗用、推察による不正アクセスに対して高度な安全性が確保される。1986年に販売開始され、昨年のIDCの市場調査によると、米国における認証トークン市場で74.2%が同製品を採用しているとされている。同社では今後、ワイヤレス・モバイルデバイスのサポートを積極的に行っていくと述べている。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200110241.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×