ブッシュ政権は、米国重要インフラ委員会を創設〜Bush Creates US Critical Infrastructure Board〜 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

ブッシュ政権は、米国重要インフラ委員会を創設〜Bush Creates US Critical Infrastructure Board〜

製品・サービス・業界動向 業界動向

◇概要:
 米国ブッシュ大統領は、2001年10月16日に行政命令を発令し、大統領直轄の重要インフラ保護委員会 (President's Critical Infrastructure Protection Board)を創設した。行政命令によると「当該委員会は、緊急対応時の通信や、それをサポートする物理的施設を含む重要インフラに関わる情報システム保護のため、政策の推奨とプログラムの調整を担当する」

 委員会の役割としては、下記があげられる:
・重要インフラ防護に関し、州政府・地方政府、及び民間セクターとの調整
・警戒情報、分析情報、修復情報などを、産業界、州政府、地方政府、及びその他団体と共有
・重要インフラを脅かす事件に対し、危機対応を調整
・米政府行政部門のセキュリティ専門家の募集・訓練・維持
・重要インフラ防護をサポートする研究開発プログラムを、米国科学技術政策局 (Office of Science and Technology Policy)と調整
・米国の安全保障組織と、法律の執行機関(警察など)との調整をはかる。また、米国政府すべての行政機関との調整。
・国際機関への情報提供によって米国務省を支援
・重要インフラ関連法律の情報を、米政府の各部門・組織に連絡

 当該委員会の委員長は、サイバースペース安全保障担当の大統領特別補佐官であるリチャード・クラーク氏 (Richard Clarke) が務める (10/10/01付 ID# 105784参照)。その他委員会メンバーは下記の通り。

・国務長官 (Secretary of State)
・財務長官 (Secretary of the Treasury)
・国防長官 (Secretary of Defense)
・司法長官 (Attorney General)
・商務長官 (Secretary of Commerce)
・厚生長官 (Secretary of Health and Human Services)
・運輸長官 (Secretary of Transportation)
・エネルギー長官 (Secretary of Energy)
・CIA長官
・統合参謀本部議長 (Chairman of the Joint Chiefs of Staff)
・連邦緊急事態管理局長 (Director of the Federal Emergency Management Agency)
・総務長官 (Administrator of General Services)
・行政管理予算局長 (Director, Office of Management and Budget)
・科学技術政策局長 (Director, Office of Science and Technology Policy)
・副大統領主席補佐官 (Chief of Staff to the Vice President)
・国家経済協議会長 (Director of the National Economic Council)
・国家安全保障担当大統領補佐官 (Assistant to the President for National Security)
・国土防衛担当大統領補佐官 (Assistant to the President for Homeland Security)
・大統領主席補佐官 (Chief of Staff to the President)
・商務省 重要インフラ保全局長 (Director, Critical Infrastructure Assurance Office)
・国家通信システムマネジャー (Manager, National Communication System)
・全米CIO協議会 副議長 (Vice Chair, Chief Information Officers Council)
・国家安全保障局 情報保全局長 (Information Assurance Director, NSA)
・CIAコミュニティマネージメント担当 局長代理 (Deputy Director of Central Inelligence for Community Management)
・国家インフラ防護センター長 (Director, National Infrastructure Protection Center)

◇情報ソース:
White House
( http://www.whitehouse.gov/news/releases/2001/10/20011016-12.html ),
Oct. 16, 2001

▽分析:
 本委員会は巨大で、かつそのミッションは途方もなく困難である。ただし、ブッシュ大統領の行政命令は、委員会にメンバーを提供し、明確なミッションを与えている。最も困難なタスクの一つは、法の執行機関(警察など)と国家安全保障組織を、お互い協力させることだろう。ただし、本委員会メンバーは、多くの政府機関の最高責任者によって構成されるため、トップダウンの命令によって、そのようなグループはお互い協力せざるを得ないだろう。

(詳しくはscan本誌でご覧ください)
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

※この情報はiDEFENSE社( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。情報の内容は以下の時点におけるものです
【21:18 GMT、10、17、2001】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  2. カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

    カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. シミュレーションゲーム「データセンターアタック」(トレンドマイクロ)

  5. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  6. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  7. ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

  8. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  9. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  10. 学校の自殺予防体制、情報セキュリティ技術活用

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×