次世代セキュリティ管理ツールに関し、Recourse Technologies社と業務提携 脅威管理ソリューション2種の販売を開始(日新電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

次世代セキュリティ管理ツールに関し、Recourse Technologies社と業務提携 脅威管理ソリューション2種の販売を開始(日新電機)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日新電機株式会社は、Recourse Technologies,Incと業務提携し、同社の脅威管理ソリューションの販売を2001年10月22日より開始する。
 今回、販売を開始するのは、脅威管理システム ManHunt(マンハント)と、ハニ−ポット(おとり)システム ManTrap(マントラップ)の2種。ManHuntは未知の攻撃やDoS(サービス不能)攻撃の検知を可能にし、ManTrapは攻撃者をおとりサーバに誘導してハッカーの行動を監視し記録する。
 標準価格は、ManHuntが520万円から、ManTrapが156万円から。官公庁や大学、研究機関などを中心に、販売開始後1年で各々10セットの販売を見込んでいるとのこと。なお、本製品は11月2日(金)、東京・経団連会館にて開催予定の製品発表説明会にて紹介予定である。

http://www.elnis.com/newsrelease/news011016manhut.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×