本格サービスを開始した第三世代移動通信サービス「FOMA」にワンタイムパスワードASPサービス「バーチャルトークン」を提供(メトロ) | ScanNetSecurity
2022.12.05(月)

本格サービスを開始した第三世代移動通信サービス「FOMA」にワンタイムパスワードASPサービス「バーチャルトークン」を提供(メトロ)

 株式会社メトロは、10月から本格サービスを開始したNTTドコモの第三世代移動通信サービス「FOMA」に、ワンタイムパスワードASPサービス「バーチャルトークン」を提供すると発表した。同製品は、同社が開発して現在特許申請中の携帯電話を利用したワンタイムパスワード

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社メトロは、10月から本格サービスを開始したNTTドコモの第三世代移動通信サービス「FOMA」に、ワンタイムパスワードASPサービス「バーチャルトークン」を提供すると発表した。同製品は、同社が開発して現在特許申請中の携帯電話を利用したワンタイムパスワードASP。従来のワンタイムパスワード認証は、利用者が専用パスワード生成器(トークン)を携帯する必要があったが、同製品は、携帯電話でデータセンターのワンタイムパスワード生成サーバにアクセスして、都度ワンタイムパスワードを取得してネットワーク/コンテンツ認証に利用できるのが特徴。認証サーバには米SecureComputing社のSAFEWORDを採用しており、すでにiモードでは本格的に運用中。

http://www.tokyo.metro.co.jp/press/01_10_12.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×