ExcelおよびPowerPointのセキュリティ機能をかいくぐるマクロについて警告(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2022.12.04(日)

ExcelおよびPowerPointのセキュリティ機能をかいくぐるマクロについて警告(マイクロソフト)

 マイクロソフト株式会社は、「Excel」および「PowerPoint」のセキュリティ機能をかいくぐるマクロについて警告を発した。両ソフトは、ユーザーが文書を開く時にその文書にマクロが存在しているかどうかをスキャンし、マクロを含んでいる場合は、セキュリティ設定に応じ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフト株式会社は、「Excel」および「PowerPoint」のセキュリティ機能をかいくぐるマクロについて警告を発した。両ソフトは、ユーザーが文書を開く時にその文書にマクロが存在しているかどうかをスキャンし、マクロを含んでいる場合は、セキュリティ設定に応じて、ユーザーにマクロを実行するかどうかを確認するが、この機能で検知できないマクロがあることが分かった。悪意ある攻撃者は、これを利用してユーザーのPC上で自由にマクロコードを実行することが可能となる。また、この影響を受けるのはWindows、Mac両方のExcelおよびPowerPointとなっているので注意されたい。この問題に対する日本語版修正プログラムは現在準備中。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS01-050


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×