システムの脆弱性を自動的に診断し報告する「SNS Scanner」を発売(ラック) | ScanNetSecurity
2022.12.04(日)

システムの脆弱性を自動的に診断し報告する「SNS Scanner」を発売(ラック)

 株式会社ラックは、企業内部のコンピュータシステムの脆弱性を自動的に診断し報告するソフト「SNS Scanner」を発売した。同ソフトは、Nimdaや CodeRedなどサーバの弱点をついて侵入してくる新種のウイルスやハッカーなどの侵入者を予防するために、定期的にネットワー

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ラックは、企業内部のコンピュータシステムの脆弱性を自動的に診断し報告するソフト「SNS Scanner」を発売した。同ソフトは、Nimdaや
CodeRedなどサーバの弱点をついて侵入してくる新種のウイルスやハッカーなどの侵入者を予防するために、定期的にネットワークシステムの脆弱性(セキュリティホール)をチェックして管理者に報告するもの。同社の完全自社開発製品なため、日本の最新セキュリティ情報に即時対応できるのが特徴。また、オプションとしてパソコン(クライアントコンピュータ)の脆弱性を検査する機能もある。価格は年間ライセンスで98万円より。

http://www.lac.co.jp/news/press/press20010927.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×