同社初のハードウェア、ファイアウォールアプライアンスを発表(シマンテック) | ScanNetSecurity
2022.12.04(日)

同社初のハードウェア、ファイアウォールアプライアンスを発表(シマンテック)

 株式会社シマンテックは10月3日、同社初のハードウェアとなるファイア ウォールアプライアンス「Symantec VelociRaptor ver.1.1」を発表した。  同製品はアプリケーションプロキシ方式を採用し「フルインスペクション技術」を装備する事により、高度なデータ検査を行

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社シマンテックは10月3日、同社初のハードウェアとなるファイア
ウォールアプライアンス「Symantec VelociRaptor ver.1.1」を発表した。
 同製品はアプリケーションプロキシ方式を採用し「フルインスペクション技術」を装備する事により、高度なデータ検査を行うことが可能。また、接続(導入)したら直ぐにセキュリティを確保できるという、同社の考案したコンセプト「プラグ・アンド・プロテクト」に基づいており、導入、運用、管理が容易に行えるようになっている。その他、IPSecに準拠したVPNのサポート、RSA SecurID他多くの認証方式のサポート、管理用コンソール「Symantec
Raptor Management Console(SRMC)」による一元管理機能、4つのネットワークインターフェースを標準搭載などがある。また、本体は1RUサイズでラックにマウントすることが可能であり、省スペース化を図っている。発売は10月31日より。価格は600,000円〜。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year01/011003.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×