ブロードバンド接続でPCが知らない間に共有!? | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

ブロードバンド接続でPCが知らない間に共有!?

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ブロードバンドの利用者の間でPCが本人も知らない間に共有されている問題が発生している。
 この問題は、ブロードバンドでインターネット接続を行った際に、Windowsの共有サービスにより、インターネットを介して、PCが共有されてしまうためにおきる。インターネットに接続する際に利用者が適切な設定を行っていないことが原因であるが、これまでの個人向けサービスでは、接続業者が共有などセキュリティ上問題の発生する可能性のあるサービスを使用できないようにしていた。

 利用者の設定の問題とはいえ、これまで自分自身でセキュリティを意識して、ネットワーク設定などを行ったことのない利用者にとっては、ふってわいた突然の事態である。
 そのため、同サービスを申し込んだ利用者の間で「ネットワークコンピュータに知らない他人のPCが表示され、PCの中身までのぞける」といったとまどいと不安に満ちた報告が相次いでいる。

 共有されてしまったPCは、自分のPCと同じように、ファイルのコピー、削除をはじめとする各種操作を行うことが可能になる。

 この問題は、利用者がWindowsの共有サービスをオフにする、ルータなどを導入し、適切な設定を行う、パーソナルファイアウォールソフトを導入するなどの方法で簡単に、回避することが可能である。


(詳しくはScan本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×