ISS社のリモートセキュリティ監視/管理サービスに対応した専用不正侵入検知システムを開発(横河電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

ISS社のリモートセキュリティ監視/管理サービスに対応した専用不正侵入検知システムを開発(横河電機)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 横河電機株式会社は、インターネットセキュリティ システムズ株式会社(ISS)が提供するリモートセキュリティ監視/管理サービス(MSS:ManagedSecurity Service)に対応した専用の不正侵入検知システムを開発、「ISシリーズMSS専用モデル」として販売を開始した。新製品は、同社が開発・販売しているIDS専用ハードウエア、不正侵入検知システム「ISシリーズ」に、顧客がMSSを利用する際に必要となる、通信・暗号化などのツールをあらかじめインストールしたもの。ISS社では、同製品の優れたパケットキャプチャ能力や導入コスト低減効果を重視し、MSSに対応した不正侵入監視プラットフォームとして認定している。

http://203.131.195.5/News/press/0109/010917.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×