Exchange 5.5のOWA機能に潜むセキュリティホールを修正するプログラムをリリース(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

Exchange 5.5のOWA機能に潜むセキュリティホールを修正するプログラムをリリース(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マイクロソフト株式会社は、Exchange 5.5のOutlook Web Access(OWA)が提供しているグローバル アドレス一覧 (GAL) の検索機能に潜むセキュリティホールを修正するプログラムをリリースした。この機能の認証方法に問題があり、攻撃者が、実際に検索を行うバックエンド機能に問題のある形式のリクエストを送信した場合、認証なしでGALを列挙できる可能性があるとのこ
と。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS01-047
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×