ブロードバンドアクセス時代に向けてコードサイニング・デジタルIDサービスを強化(日本ベリサイン) | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

ブロードバンドアクセス時代に向けてコードサイニング・デジタルIDサービスを強化(日本ベリサイン)

 日本ベリサイン株式会社は、ブロードバンドアクセス時代に向けて、安全なコンテンツダウンロードサービスを促進するために、コードサイニング・デジタルIDサービスを強化したと発表した。同サービスは、ソフトウェア開発者およびウェブサイト構築者に、ActiveXコントロ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本ベリサイン株式会社は、ブロードバンドアクセス時代に向けて、安全なコンテンツダウンロードサービスを促進するために、コードサイニング・デジタルIDサービスを強化したと発表した。同サービスは、ソフトウェア開発者およびウェブサイト構築者に、ActiveXコントロール、Javaアプレット、ダイナミックリンクライブラリ、.cabファイル、.jarファイル、HTMLコンテンツなどに電子的な署名を付与することを可能にするもので、今回の強化は具体的には、Object Signing対応デジタルIDの提供とマイクロソフトのWindowsロゴプログラム資格認定サービスのオンラインでのサブミッションで、Authenticode対応デジタルIDによる電子署名が採用されたことの2点。

http://www.verisign.co.jp/press/2001/pr182_codesign.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×