ニフティがロシアからのアクセス停止 ID盗難による不正アクセスが急増 | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

ニフティがロシアからのアクセス停止 ID盗難による不正アクセスが急増

 アット・ニフティは、9月3日、ロシアからのローミングサービス(GRICローミングサービス)からのアクセスを停止すると発表した。  GRICローミングサービスは、ニフティ会員が、ロシアからアクセスするためのサービスであるが、最近、ロシアと全く関係のない会員のID、

製品・サービス・業界動向 業界動向
 アット・ニフティは、9月3日、ロシアからのローミングサービス(GRICローミングサービス)からのアクセスを停止すると発表した。
 GRICローミングサービスは、ニフティ会員が、ロシアからアクセスするためのサービスであるが、最近、ロシアと全く関係のない会員のID、パスワードで同サービスを不正に利用するケースが急増。会員のID、パスワードを不正に盗み出し、それを用いてアクセスしていたと推定されている。

 これにより、アット・ニフティは、急増する不正アクセスに対処するため、サービス停止に踏み切った。

 常時接続の普及は、利便性を向上させるが、同時に犯罪の被害にあうリスクも増大させる。アット・ニフティでは、会員にセキュリティへの注意を呼びかけている。

http://www.nifty.com/kaigai/news/gric_0903.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×