マイクロソフト・ロシア社がWindows2000 Serverパッケージの標準オプションとしてeToken認証デバイスを提供(米Aladdin Knowledge Systems) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

マイクロソフト・ロシア社がWindows2000 Serverパッケージの標準オプションとしてeToken認証デバイスを提供(米Aladdin Knowledge Systems)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米Aladdin Knowledge Systems社は、マイクロソフト・ロシア社がWindows2000 Serverパッケージの標準オプションとして、Aladdin社のeToken認証デバイスを採用したと発表した。各パッケージには2つのeToken認証デバイスが提供される。これにより同OSのユーザーは、ユーザーのキーと証明書をeTokenにいったんロードしておけば、そのユーザーによるネットワークへのログオン、メールの署名と暗号化、プロテクトされたウェブサイトへのアクセスが可能となる。

http://www.fs-support.yamada.co.jp/om/news010801.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×