ゲートウェイでコンテンツフィルタリングとウイルス対策を提供するソフトウェアを発表(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

ゲートウェイでコンテンツフィルタリングとウイルス対策を提供するソフトウェアを発表(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社シマンテックは8月30日、ゲートウェイでコンテンツフィルタリングとウイルス対策を提供するソフトウェア「Symantec Web Security 2.0(SWS)」を発表した。
 SWSはゲートウェイ・レイヤにおいてウイルススキャン、コンテンツフィルタリングを一度に行うことにより、企業の情報リソースの無駄使いやウイルス感染から防御する統合型ソリューション。また、スタンドアローン・プロキシとしてファイアウォール製品との連携使用も可能となっている。コンテンツフィルタリング機能としてはHTTP、FTPを監視し企業のセキュリティポリシーに反するリクエストを遮断。フィルタリングの方法としてはキーワードでのチェックと140万のURLリストによるチェックの2方式で行われる。なお、キーワードによるチェックでは同社が特許を持つDynamic Document Review(DDR)という最新技術が用いられている。なお、受注は10月5日より。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year01/010830.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×