平成13年上半期の不正アクセス行為の発生状況等を発表(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

平成13年上半期の不正アクセス行為の発生状況等を発表(警察庁)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 警察庁は、平成13年上半期の不正アクセス行為の発生状況等について発表した。それによると、本年度上半期に報告のあった不正アクセス行為は959件
で、前年の不正アクセス行為の禁止等に関する法律(不正アクセス禁止法)施行後6か月間に比べ、27倍、924件増の大幅な増加となった。このうち、特に際立つのは海外からの不正アクセス行為で、その件数は418件と全体の4割以上に上っている。これに対して同禁止法による検挙件数は、13事件(17件)、検挙人員は15人にとどまり、またその内容も識別符号(ID・パスワード等)の窃用によるものとなっている。これからみても、ホームページ改ざんなど、今回激増した悪質な不正アクセス行為の検挙、とくに海外からのアクセスの場合は、その刑法的な対処が困難なことがうかがえる。

http://www.npa.go.jp/hightech/fusei_ac6/hassei1308.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×