ホームページ不正書き換え復元ソフトを発売(スマートバリュー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

ホームページ不正書き換え復元ソフトを発売(スマートバリュー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社スマートバリューは8月6日、ホームページ不正書き換え復元ソフト「Phoenix(フェニックス)」の販売を開始した。
 同ソフトはWeb改竄が行われた場合に、即座に復元させることが可能。Webサーバ上で動作し、復元すると同時に管理者へのメールによる通知も行われる。また、各種のログ情報も管理者へ通知されるようになっているので、サーバへの不法侵入調査などにも使用できる。対応OSはSun Solaris(SPARK)、Sun Solaris(x86)、RedHat Linux、Turbo Linux、FreeBSDとなっている。

http://www.smartvalue.ad.jp/hphh/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×