異なるPKIシステムでの電子署名相互認証を世界で初めて実現(エントラストジャパンなど電子申請コンソーシアム加入5社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

異なるPKIシステムでの電子署名相互認証を世界で初めて実現(エントラストジャパンなど電子申請コンソーシアム加入5社)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エントラストジャパン株式会社、ジェットフォーム・ジャパン株式会社、日本ベリサイン株式会社、 日本ボルチモアテクノロジーズ株式会社、株式会社ネットマークスの電子申請コンソーシアム加入5社は、電子申請時に必要となる電子署名の異なるベンダー間でのCA(認証機関)の相互認証を世界で初めて実現したと発表した。今回の検証結果により、発行元やベンダーの異なる電子署名を利用した現実的な電子申請システム構築が可能なことが実証され、電子署名を汎用的に利用できる技術的な確認がとれたことになる。今回検証に参加した各社は、これにより電子政府の実現を目指す中央省庁や地方自治体など、あらゆる行政機関での導入が本格化すると予想している。

http://www.entrust.co.jp/news/010806.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×