サイバーエージェントがメールマガジン発行者2,664件の個人情報を流出2次被害が拡大 | ScanNetSecurity
2021.12.01(水)

サイバーエージェントがメールマガジン発行者2,664件の個人情報を流出2次被害が拡大

 7月11日、メールマガジン発行スタンドを運営するサイバーエージェント社が同スタンドでメールマガジンを発行している発行者2,664名のメールアドレスが掲載されたメールを送信していた。  このメールは、サイバークリック事務局から発信されたもので「お支払い期日に関

製品・サービス・業界動向 業界動向
 7月11日、メールマガジン発行スタンドを運営するサイバーエージェント社が同スタンドでメールマガジンを発行している発行者2,664名のメールアドレスが掲載されたメールを送信していた。
 このメールは、サイバークリック事務局から発信されたもので「お支払い期日に関するお知らせ」と題するメールであった。
 この事件以後、流出したアドレス保有者にスパムメールが届くなど、2次被害、3次被害が広がっている。

 この事件に関しての情報は、同社web上に大きく3個所に別れて掲示されているが、その内容はそれぞれ微妙に異なっている。
 トップページからのリンクが貼られている「サイバークリックのメール誤送信事故について」では、件名がアドレス追加依頼となっているが、現在リンクの切れている「メール誤送信について」では「お支払い期日に関するお知らせ」となっている。

 同社では、対策本部を設けて、スパムメールなどへの対処の代行を行っていた。「メール誤送信事故対策本部からのご報告」で同社のスパムメールへの対応状況などを確認することができる。
 現在、第7報までの対応状況を同社webで確認することができる。
 事件そのものは非難されるべきであるが、問合/対応状況の開示と迅速な掲示には評価すべき点がある。


メール誤送信事故対策本部からのご報告
http://web.ad.cyberclick.net/topic/report_index.html

サイバークリックのメール誤送信事故について
http://web.ad.cyberclick.net/topic/mail.pdf

メール誤送信について
http://web.ad.cyberclick.net/topic/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×