7月度のウイルス報告件数ランキングを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

7月度のウイルス報告件数ランキングを発表(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 トレンドマイクロ株式会社は8月2日、2001年7月度に同社に寄せられたウイルス被害報告件数のランキングを発表した。
 発表によると、最も報告件数が多かったのは依然として「MTX」であり次いで先月発見された「SIRCAM」、「MAGISTR」となっている。同社のウイルス解析担当者によると、注目は「SIRCAM」であり、その特色としては上位を占めている「MTX」や「MAGISTR」と似ているが、特筆すべき点はその感染速度の速さにあるとしている。その感染速度の速さは猛威を振るった「LOVELETTER」をもしのぐ速度で感染を広げているとのこと。また、ランキングから外れたもののIISのセキュリティホールを狙う「CODERED」にも細心の注意を払うべきであるとも述べている。

http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/monthly_ranking/mvr010802.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×