Windows 2000/NT4.0の無効なRDPデータ処理により起こるサービス拒否問題を修正するプログラムをリリース(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.12.01(水)

Windows 2000/NT4.0の無効なRDPデータ処理により起こるサービス拒否問題を修正するプログラムをリリース(マイクロソフト)

 マイクロソフト株式会社は、Windows 2000ターミナルサービスおよびWindows NT4.0 Terminal Server Editionにおいて、通信ポート3389を介して受信するRemote Data Protocol(RDP)データを処理する機能の1つにメモリリークが発生する可能性があると発表。同問題を修正す

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフト株式会社は、Windows 2000ターミナルサービスおよびWindows NT4.0 Terminal Server Editionにおいて、通信ポート3389を介して受信するRemote Data Protocol(RDP)データを処理する機能の1つにメモリリークが発生する可能性があると発表。同問題を修正するプログラムをリリースした。攻撃者が該当するマシンに、ある特定の不正なデータを含むRDPパケットを大量に送信した場合、システムのメモリを使い果たし、応答時間を遅延させたり、マシンの応答をすべて停止させることができてしまうとのこと。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS01-040
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×