京セラコミュニケーションシステムが次世代ワイヤレス・データセンターに「iCan Provider Suite」を採用(コンピュータ・アソシエイツ) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

京セラコミュニケーションシステムが次世代ワイヤレス・データセンターに「iCan Provider Suite」を採用(コンピュータ・アソシエイツ)

 コンピュータ・アソシエイツ株式会社は、京セラコミュニケーションシステムが、同社の次世代ワイヤレス・データセンターに、米アソシエイツの子会社の米iCan SP社が提供するサービス・マネジメント・ソリューション「iCan Provider Suite」を採用したと発表した。同セ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 コンピュータ・アソシエイツ株式会社は、京セラコミュニケーションシステムが、同社の次世代ワイヤレス・データセンターに、米アソシエイツの子会社の米iCan SP社が提供するサービス・マネジメント・ソリューション「iCan Provider Suite」を採用したと発表した。同センターは、アグリゲーション(集合)機能を核とした情報基盤を構築した上で、ビジネスユーザーに向けた電子メール管理、PIM、顧客管理、SFA(Sales Force Automation:営業支援ツール)、電子決済、データ・バックアップ、各種情報配信、リモート操作により出力可能なプリンティング・サービス等の各種サービス提供を行うもの。
「iCan Provider Suite」は、同センターでプロビジョニング、請求書作成、業務全域のサービスレベルの測定を行うために導入された。国内での導入はこれが初めて。なお、京セラはiCan製品の国内向けローカライズと販売を予定している。

http://www.caj.co.jp/press/2001/07/icansp_kccs.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×