京セラコミュニケーションシステムが次世代ワイヤレス・データセンターに「iCan Provider Suite」を採用(コンピュータ・アソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

京セラコミュニケーションシステムが次世代ワイヤレス・データセンターに「iCan Provider Suite」を採用(コンピュータ・アソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 コンピュータ・アソシエイツ株式会社は、京セラコミュニケーションシステムが、同社の次世代ワイヤレス・データセンターに、米アソシエイツの子会社の米iCan SP社が提供するサービス・マネジメント・ソリューション「iCan Provider Suite」を採用したと発表した。同センターは、アグリゲーション(集合)機能を核とした情報基盤を構築した上で、ビジネスユーザーに向けた電子メール管理、PIM、顧客管理、SFA(Sales Force Automation:営業支援ツール)、電子決済、データ・バックアップ、各種情報配信、リモート操作により出力可能なプリンティング・サービス等の各種サービス提供を行うもの。
「iCan Provider Suite」は、同センターでプロビジョニング、請求書作成、業務全域のサービスレベルの測定を行うために導入された。国内での導入はこれが初めて。なお、京セラはiCan製品の国内向けローカライズと販売を予定している。

http://www.caj.co.jp/press/2001/07/icansp_kccs.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×