ローカルディスクにデジタル証明書を残さないクライアントPC用証明書管理ユーティリティ「RSA Keon Web Plug-in v1.0」を発表(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

ローカルディスクにデジタル証明書を残さないクライアントPC用証明書管理ユーティリティ「RSA Keon Web Plug-in v1.0」を発表(RSAセキュリティ)

 RSAセキュリティ株式会は、デジタル証明書をユーザーPCのローカルディスクに残さず、証明書の配布を自動化するクライアントPC用証明書管理ユーティリティ、「RSA Keon Web Plug-in v1.0」を発表した。同製品は、本人がPCを操作している間だけデジタル証明書が利用でき

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 RSAセキュリティ株式会は、デジタル証明書をユーザーPCのローカルディスクに残さず、証明書の配布を自動化するクライアントPC用証明書管理ユーティリティ、「RSA Keon Web Plug-in v1.0」を発表した。同製品は、本人がPCを操作している間だけデジタル証明書が利用できるようにすることで、なりすましなどの不正行為を防ぐもの。またこの他にも、証明書の取得はユーザー名とパスワードで簡便化できるなど、セキュリティを維持しながら取得にかかる時間と手間を省く機能も搭載している。出荷は7月25日から。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200107251.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×