ローカルディスクにデジタル証明書を残さないクライアントPC用証明書管理ユーティリティ「RSA Keon Web Plug-in v1.0」を発表(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

ローカルディスクにデジタル証明書を残さないクライアントPC用証明書管理ユーティリティ「RSA Keon Web Plug-in v1.0」を発表(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 RSAセキュリティ株式会は、デジタル証明書をユーザーPCのローカルディスクに残さず、証明書の配布を自動化するクライアントPC用証明書管理ユーティリティ、「RSA Keon Web Plug-in v1.0」を発表した。同製品は、本人がPCを操作している間だけデジタル証明書が利用できるようにすることで、なりすましなどの不正行為を防ぐもの。またこの他にも、証明書の取得はユーザー名とパスワードで簡便化できるなど、セキュリティを維持しながら取得にかかる時間と手間を省く機能も搭載している。出荷は7月25日から。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200107251.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×