顧客情報流出の原因は個人情報ファイルをそのままおいていたため | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

顧客情報流出の原因は個人情報ファイルをそのままおいていたため

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社ソニーCPラボラトリーズと株式会社サクセスにおいて顧客情報が流出する事件がおきた。事件の原因は、どちらも無防備な状態で個人情報ファイルをサーバ上においていたことにある。
 株式会社ソニーCPラボラトリーズは、19日付のお詫びで、これまで「ある特殊な操作を行うことによって外部から閲覧可能な状態」と表現していたものを「特定の操作を行うことによって外部から閲覧可能な状態」と変更した。これは、特殊な技術なしに容易に閲覧可能な無防備な状態に顧客情報のファイルがおかれていたことを認めている。

 株式会社サクセスで顧客情報が流出した際の脆弱性は下記のものと推定される。
 よく使用されているwebサーバApacheでは、index.htmlファイルが存在しないディレクトリ以下の全てのファイルのリストを表示する設定にデフォルトでなっている。
 そのため、当該webのcgiの存在しているディレクトリを推定してしまえば、そこに存在するファイルを全て閲覧ことが可能になる。また、ロボット型サーチエンジンにキーワードとして「Parent Directory cgi-bincsv」といった言葉を設定して検索を行うことで、この脆弱性を持つ未知のサーバを探すことも可能である。

 この脆弱性は、Apacheの設定を変更することやファイルにアクセス制限をかけることで容易に回避できる。かなり以前から指摘されていた脆弱性であるため現在では、個人情報ファイルに関して、この脆弱性を持つサイトは、ほとんどない。(外部に漏れてかまわないデータをそのままおいているサイトはたくさんあるが)

 今回の事件は、すでにほぼ徹底されたと思われた初歩的な脆弱性に対処していない企業のセキュリティ甘さを露呈したといえる。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×