IISをねらうワーム"Code Red"の被害拡大 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

IISをねらうワーム"Code Red"の被害拡大

製品・サービス・業界動向 業界動向

 IISをねらう新型ワーム"Code Red"の被害が拡大している。
 "Code Red"は、先週から続々と被害が明らかになっており、すでに各種メディアで事件報告が掲載される他、certなどの警告もでている。

JPCERT/CC Microsoft IIS サーバの脆弱性を利用し伝播する Worm に関する注意喚起
http://www.jpcert.or.jp/at/2001/at010013.txt

CERT/CC CA-2001-19 "Code Red" Worm Exploiting Buffer Overflow In IIS Indexing Service DLL
http://www.cert.org/advisories/CA-2001-19.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×