ネットワーク構成情報の自動検索・自動更新を実現するソフト「ポートディスカバリ」を発売(日立ソフトウェアエンジニアリング) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

ネットワーク構成情報の自動検索・自動更新を実現するソフト「ポートディスカバリ」を発売(日立ソフトウェアエンジニアリング)

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、ネットワーク構成情報の自動検索・自動更新を実現するネットワーク構成自動検索ソフト「ポートディスカバリ」を開発、販売を開始した。同ソフトは、ネットワーク内を自動探索することによりTCP/IPノードを自動検出すると

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、ネットワーク構成情報の自動検索・自動更新を実現するネットワーク構成自動検索ソフト「ポートディスカバリ」を開発、販売を開始した。同ソフトは、ネットワーク内を自動探索することによりTCP/IPノードを自動検出すると共に、ハブ、スイッチ、ルータなどの物理的な接続情報も検出する事によりネットワーク接続構成情報をデータベース化できるもの。ネットワーク構成を継続的に監視する事により、TCP/IPノードの増減、ネットワーク接続関係の変更状況を検出してネットワーク接続構成情報を更新することが可能で、企業のネットワークの運用管理コスト削減を支援する。価格は無制限ノード版が148万円、250ノード版(9月発
売)が48万円。

http://www.hitachi-sk.co.jp/News/News132.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×