不正侵入防止ソフトを組み込んだアプライアンス・サーバ製品にエントリーモデルを追加(横河電機) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

不正侵入防止ソフトを組み込んだアプライアンス・サーバ製品にエントリーモデルを追加(横河電機)

 横河電機株式会社は、ネットワークへの不正侵入検知ソフトウエアを実装した専用ハードウエアによるIDSアプライアンス製品に、実用性能を重視したエントリーモデル「IS100」を追加した。同製品は、測定帯域を実用帯域にフォーカスし、価格を抑えることにより、高いコス

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 横河電機株式会社は、ネットワークへの不正侵入検知ソフトウエアを実装した専用ハードウエアによるIDSアプライアンス製品に、実用性能を重視したエントリーモデル「IS100」を追加した。同製品は、測定帯域を実用帯域にフォーカスし、価格を抑えることにより、高いコスト・パーフォーマンスを実現したもの。上位モデルの「IS700」、「IS1000」と同様、ISS社の不正侵入検知システム「RealSecure Network Sensor」を搭載し、同ソフトに最適なプログラム実行環境を提供するべく設計されている。発売は8月1日から。

http://www.yokogawa.co.jp/News/press/0107/010711.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×