ネットワーク障害検知ツールと統合システム運用管理ソフトウェアとの連携モジュールとなる「SniffLink for JP1」を開発(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.19(木)

ネットワーク障害検知ツールと統合システム運用管理ソフトウェアとの連携モジュールとなる「SniffLink for JP1」を開発(日本ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は7月18日、同社のネットワーク障害検知ツール「Sniffer DSS/RMON Pro」と日立製作所の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1/Cm2 Network Node Manager」との連携モジュールとなる「SniffLink for JP1」を開発し、本年8月中旬より販売を開始すると発表した。
 「Sniffer DSS/RMON Pro」は各種モニタリング、Expert解析、プロトコル翻訳などの機能を有し、また各種スイッチを通過するトラフィックをプロトコル、アプリケーション、ホスト別に解析、集計、統計レポートを作成することが可能なソフトウェア。一方「JP1/Cm2 Network Node Manager」は、ネットワークの構成、障害、性能をグラフィカルな操作により、効率よく監視、管理、運用を行うことが可能なソフトウェア。
 今回開発された「SniffLink for JP1」により、ノード管理、トラフィック管理を「JP1/Cm2 Network Node Manager」のコンソール画面から1元的に行うことが可能となり、管理者の負担を軽減する。また、ネットワーク系の障害をプロアクティブに管理し、サービス品質保証を向上させることが可能となる。

http://www.nai.com/japan/prelease/pr_01B.asp?pr=01/07/18

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×