Outlookのビューコントロールの脆弱性を警告(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

Outlookのビューコントロールの脆弱性を警告(マイクロソフト)

 マイクロソフト株式会社は、Outlook 98、2000、2002のビューコントロールの脆弱性を修正するプログラムをリリースした。ビューコントロールとは、同ソフトのメールフォルダをWebページで表示することを可能にするActiveXコントロールのこと。問題は、このコントロール

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフト株式会社は、Outlook 98、2000、2002のビューコントロールの脆弱性を修正するプログラムをリリースした。ビューコントロールとは、同ソフトのメールフォルダをWebページで表示することを可能にするActiveXコントロールのこと。問題は、このコントロールにより、WebページでOutlookデータを操作する機能を利用できてしまうという点で、これを悪用することで、攻撃者はメールの削除、カレンダー情報の変更のほか、Outlookを介して、事実上すべての操作を実行することができてしまう。同社では現在、この脆弱性を排除する修正プログラムを準備中で、この修正プログラムが開発中である間は、インターネットゾーンでActiveXコントロールを無効にすることを推奨している。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS01-038

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×