中小規模向け新ファイアウオールモデル「Firebox 1000」を発売(米ウォッチガード・テクノロジーズ) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

中小規模向け新ファイアウオールモデル「Firebox 1000」を発売(米ウォッチガード・テクノロジーズ)

 米ウォッチガード・テクノロジーズ社は、Firebox IIIファミリーに中小規模向け新ファイアウオールモデル「Firebox 1000」を追加した。今回発表された同モデルは、定評を得ているファイアウォールおよびVPNの保護機能と、一元的なリモート管理機能を中小規模向けに提供

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米ウォッチガード・テクノロジーズ社は、Firebox IIIファミリーに中小規模向け新ファイアウオールモデル「Firebox 1000」を追加した。今回発表された同モデルは、定評を得ているファイアウォールおよびVPNの保護機能と、一元的なリモート管理機能を中小規模向けに提供するもの。185Mbps以上の動的パケット・フィルタリング・スループットを実現しながら、1000以内の同時認証ユーザー数と、300以上の同時接続支社オフィスやモバイル・ユーザVPNに対応可能など、優れたコスト・パフォーマンスを実現している。同社推奨価格は878,000円。オプションのVPNアクセラレータ・バンドル推奨価格は175,000円となっている。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×