@niftyの音楽配信サービス用プラットホームに電通の音楽著作権許諾情報管理システム「Melodies」を採用(ニフティ) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

@niftyの音楽配信サービス用プラットホームに電通の音楽著作権許諾情報管理システム「Melodies」を採用(ニフティ)

 ニフティ株式会社は、インターネットサービス@nifty上での楽曲のダウンロードサービスに、電通が開発した音楽の使用許諾情報管理システム「Melodies(メロディーズ)」を採用したと発表した。同システムは、音楽の使用許諾に関する情報を一括管理できるとともに、権利

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ニフティ株式会社は、インターネットサービス@nifty上での楽曲のダウンロードサービスに、電通が開発した音楽の使用許諾情報管理システム「Melodies(メロディーズ)」を採用したと発表した。同システムは、音楽の使用許諾に関する情報を一括管理できるとともに、権利団体を中心とした音楽権利者間での著作権料分配を効率的に処理できるのが特徴で、権利団体を含む音楽権利者の希望により決定された「音楽の使用許諾形態」に沿って配信することが可能となっている。また、著作権保護技術にはマイクロソフトの「Windows Media Technology」を採用している。音楽配信サービスは、@niftyの音楽ポータルサイト「Music@nifty」内の「Digital Music Store」にて行われている。

http://www.nifty.com/corp/release/20010628.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×