eTrust LDAPサーバを搭載したCA-ACF2とCA-Top Secretを発表(米アソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

eTrust LDAPサーバを搭載したCA-ACF2とCA-Top Secretを発表(米アソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米コンピュータ・アソシエイツ・インターナショナル社は、eTrust LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)サーバが組み込まれた、「CA-ACF2」と「CA-Top Secret」の新しいバージョン「CA-ACF2 6.4」と「CA-Top Secret 5.2」を発表した。これらは、メインフレームおよびUnix、Windows NT、Linuxを含む分散プラットフォームを横断するアプリケーションレベルでの統合管理を行うことによってセキュリティを強化する製品。eTrust LDAPサーバが新たに組み込まれたことにより、ユーザーは業界標準のLDAPプロトコルを利用して、分散eビジネスシステムで使用するメインフレームのセキュリティ情報を参照、更新することが可能となっている。また管理者は、両製品で設定した認証ポリシーを、TCP/IPを使用するあらゆるエンタープライズアプリケーションとeビジネスアプリケーションに適用することができるようになった。

http://www.caj.co.jp/press/2001/06/acf_j.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×