認証処理とユーザ管理と行う認証サーバの最新バージョンを発表(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

認証処理とユーザ管理と行う認証サーバの最新バージョンを発表(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 RSAセキュリティ株式会社は6月27日、認証処理とユーザ管理を行う認証サーバの最新バージョン「RSA ACE/Server 5.0」を発表した。
 RSA ACE/ServerはSecurID認証制御を通じ、セキュリティ・ポリシーに従い、ネットワークやwebのアクセスコントロールを可能とする製品。今回発表された最新バージョンでは、数百万ユーザまで対応可能なプライマリ/レプリカ・サーバ構成を実現しており、1台のプライマリ・サーバに対し10台までレプリカ・サーバの設定が可能。また、レプリカ・サーバへと認証処理を転送することにより、負荷を分散し認証処理の高速化の実現、Webブラウザ・ベースの管理ツールを搭載し、管理者の負担を軽減、フェイルオーバー対策の強化、高可用性のハードウェアでの稼働サポートなどの機能が追加されている。なお、出荷は7月2日よりとなっている。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200106271.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×