NTTコミュニケーションズとNTTドコモが、モバイルリモートアクセスサービス「RALS」の認証セキュリティオプションにワンタイムパスワード認証「SAFEWORD」を採用(メトロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

NTTコミュニケーションズとNTTドコモが、モバイルリモートアクセスサービス「RALS」の認証セキュリティオプションにワンタイムパスワード認証「SAFEWORD」を採用(メトロ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社メトロは、NTTコミュニケーションズとNTTドコモが、モバイルリモートアクセスサービス「RALS」の「RADIUSホスティングサービス」の認証セキュリティオプションにワンタイムパスワード認証「SAFEWORD」を採用したと発表した。SAFEWORDは、米セキュアコンピューティング社が開発したワンタイムパスワード認証の代表的製品で、毎回変化する1回限りの「動的パスワード」をユーザーに提供する。また、認証セキュリティオプションでは、ワンタイムパスワードとして、カード/キーホルダータイプのハードトークンと、iモード端末上にワンタイムパスワードを表示させるバーチャルークンの2タイプが提供される。

http://www.tokyo.metro.co.jp/press/01_06_18.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×