高セキュリティの機能を搭載したケーブルモデムを発表(日本エリクソン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

高セキュリティの機能を搭載したケーブルモデムを発表(日本エリクソン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本エリクソン株式会社は6月18日、ブロードバンド・ケーブルモデムPipeRiderにセキュリティ機能を搭載した「HM204c」を発表した。
 今回発発表された「HM204c」にはチェックポイント社のファイアウォール製品「FireWall-1」技術が搭載されている。同社ではブロードバンドかつ常時接続型のインターネットサービスにおけるセキュリティに着目いた。現行の「HM200c」にはPipeLockという同社独自のセキュリティ機能を搭載しており、後継機となるHM204cでは、ケーブルモデム自体がセキュリティ機能「safe@home」を内蔵することとなった。ケーブルテレビオペレータは、HM204cの導入により、電子メールウイルスチェック、セキュリティポリシーの設定などの付加サービスをユーザに提供することが可能となった。
 なお、同製品は7月からの出荷予定となっている。

http://www.ericsson.co.jp/pressroom/pressrel/2001/20010618.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×