ネットワークサーバを対象とした「WatchGuard ServerLock」の販売を開始(ヒューコム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

ネットワークサーバを対象とした「WatchGuard ServerLock」の販売を開始(ヒューコム)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ヒューコムは6月14日、ネットワークサーバを対象としたセキュリティソフトウェア「WatchGuard ServerLock」の販売を開始すると発表した。 同製品はWebサーバ、メールサーバ以外にもDNSサーバ、ファイルサーバ、データベースサーバなどもそのカバー範囲に含むセキュリティソフトウェア。その機能は、ファイルの改竄・削除の防止、不正侵入者によるユーザIDの追加・変更・削除の防止、レジストリ改竄の防止、偶発的なサーバシステムの崩壊の防止などがある。オプションである「WatchGuard ServerLockManager」により、ServerLockをインストールしてある複数のサーバを一元管理することが可能。またサーバを運用モード、管理者モードのいずれかに設定し、運用モードではWebコンテンツの提供データベースへのアクセスを可能にし、その一方で不正侵入者に管理者権限を奪取された場合でも管理機能を使用不可にし、不当な削除、変更を防止することが可能となっている。

http://www.hucom.co.jp/products/sl/sl_info.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×