企業間電子商取引システム「x-plaza」を共同開発(野村総合研究所、マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

企業間電子商取引システム「x-plaza」を共同開発(野村総合研究所、マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社野村総合研究所(NRI)とマイクロソフト株式会社は6月5日、2社共同で富士ゼロックス社の企業間電子商取引システム「x-plaza」を開発しサービスを開始したと発表した。
 x-plazaは、マイクロソフト社の提唱しているBizTalkフレームワークなど先端技術を採用したオフィス・サプライ品を取り扱うe-マーケットプレイス。そのシステムにはMicrosoft NET Enterprise Serversを基盤ソフトとして全面的に採用している。マイクロソフト社では前述の技術支援に加え、電子商取引における企業間システム連携の標準化を支援した。また、NRIはx-plazaの立ち上げにあたり金融、流通、公共など幅広い産業分野におけるSI業者としての経験に基づき、高度なシステム構築を担当した。加えてNRIはサービス開始後、専門のIT管理者による運用管理や、セキュリティ監視を行いx-plazaのシステム運用を全面的にサポートする。

http://www.nri.co.jp/news/2001/010605.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×