改ざんされたデータを自動的に修復可能にする「NetVault Tripwireプラグイン」の販売を開始(東芝情報システム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

改ざんされたデータを自動的に修復可能にする「NetVault Tripwireプラグイン」の販売を開始(東芝情報システム)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 東芝情報システム株式会社は、企業内のファイルやホームページの改ざんなどの不正変更を検知する情報資産監視ツール「Tripwire」と組み合わせて使用することにより、その不正データを自動的に修復可能にする「NetVault Tripwireプラグイン」の販売を開始した。同プラグインはバックボーン・ソフトウエア社が開発したもので、顧客からの要望が最も多かったリストア機能を付加するもの。Webページや企業の持つ情報資産データに対し、Tripwireによるチェックを定期的に実行し、検知した変更箇所を発見した場合は自動的にデータのリストアを行う。価格は98,000円。出荷は7月2日の予定。

http://marche.tjsys.co.jp/announce/200106/NetVault_Tripwire_press0606.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×