インターネット接続を共有できるプロキシサーバ・ファイアウォールソフト「WinGate 4 日本語版」を発表(アスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

インターネット接続を共有できるプロキシサーバ・ファイアウォールソフト「WinGate 4 日本語版」を発表(アスキー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社アスキーは、米Deerfield.com社が開発したインターネット接続回線の共有を可能にするプロキシサーバ・ファイアウォールソフトウェア「WinGate 4」の日本語版を、7月2日からオンラインで、7月13日からパッケージで、それぞれ発売する。同ソフトは、1本のインターネット接続回線を、LANで接続された複数コンピュータにより、ネットワーク全体で共有することができるプロキシサーバソフト。ファイアウォール機能を搭載し、内部ネットワークにアクセスできるIPアドレスの制限や、必要な通信ポートのみを許可するといったことが可能となっている。今回のバージョンアップでは、様々なプラットフォーム上でインターネットの同時接続を安全に行うための「NAT機能」を強化し、異なるネットワーク間においても情報が共有できる「ブリッジ機能」および、不適切なスパムメールへの対応が可能な「SMTPプロキシサービス」などを追加した。またWindows NTとの連携も改善されている。価格は、個人ユーザー向けネットワーク構築用のHome版が6,000円〜、中小規模オフィス・SOHO向けStandard版が12,000円〜、大規模ネットワークに対応可能なエンタープライズ向けProfessional版が18,000円〜。
 対応OSはWindows95/98/Me/2000/NT4.0。

http://www.netmedia.solution.ne.jp/press/010611wg/index.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×