ビジネスモバイル総合サービスに「SAFEWORD」が採用される(メトロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

ビジネスモバイル総合サービスに「SAFEWORD」が採用される(メトロ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社メトロは6月1日、同社が販売するワンタイムパスワード認証「SAFEWORD」が日本通信株式会社の提供しているサービス「bモバイル」に採用されたと発表した。
 ワンタイムパスワードとはユーザ認証する際に一度使用したら破棄されてしまうもの。これにより「なりすまし」や「盗難」を防止することが可能となる。「SAFEWORD」はカウンター同期方式を採用しており、カウンターで生成されるパスワードと認証サーバ側のパスワードが一致した場合のみ、本人の認証と認める。パスワードの生成機(トークン)にはキーホルダー型の「ハードトークン」インターネット接続携帯電話を利用する「バーチャルトークン」がある。また「bモバイル」とは、PDAやインターネット接続携帯電話などを使用して、インターネット、イントラネット、電子メールの送受信、営業日報などのグループウェアなど多方面にわたるビジネスモバイル総合サービス。同サービスでは以前よりVPNを導入するなどセキュリティ対策をしてきたが、今回「SAFEWORD」を採用したことにより更にセキュアな通信環境となった。

http://www.tokyo.metro.co.jp/product/safeword/news.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×