IPSec、PKI技術において東京大学情報基盤センターと共同研究(SSHコミュニケーションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

IPSec、PKI技術において東京大学情報基盤センターと共同研究(SSHコミュニケーションズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 SSHコミュニケーションズ・セキュリティ株式会社(SSH社)は6月7日、IPSecおよびPKI技術について、東京大学情報基盤センターと共同研究していくことで合意したと発表した。
 東京大学情報基盤センターでは、学生や職員が必要な情報にアクセスする際の安全を確保するため、SSH社の認証局「SSH Certifier」の使用を可能とし、教育用計算機システム(ECCS)の利便性、セキュリティ確保のためにはVPNが最適であると考え、VPNの運用に関してSSH社との共同研究を行っていくこととなった。
 SSH社のVPNクライアント「SSH Sentinel」はIPSecを搭載しており、各種ネットワークを通じてVPNゲートウェイに接続することにより、強力な暗号化とX.509証明書による認証を可能とする。これにより同センターではECCSの認証データベースを用い認められたユーザのみがECCSシステムへVPNを構築できるシステムを準備している。

http://www.ipsec.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×